弁護士にまず無料相談

売掛金の回収が出来ないままだと、払わなくても融通がきく会社だと甘く見られてしまい、支払ってもらえない状態に陥る危険性が伴います。そうなると自身の会社の信用も失いかねませんので、きちんとした態度をとるようにしましょう。しかしながら、悪徳な企業の場合、取り立ては違法である等と言って、逆に訴訟を起こされるケースもありますので、慎重に行動する必要があります。そういった悪質なケースを回避する為にも、専門家である弁護士に相談されることをお勧めします。

売掛金が未払いになる理由に、相手に舐められている点は少なからずあります。関係が近くなり過ぎていたり、少しくらい許されるだろうという甘えから、期日になると回収を促しても商品に言いがかりをつけて支払いを渋り出します。やはりここは第三者である弁護士を立て、相手に対する本気度を示すことによって回収をはかるようにしましょう。また、今後も取引を続けていきたい相手の場合は、関係性の悪化を極力避ける必要がありますので、お互いの労力や負担を軽くする為にも、弁護士に相談されることをお勧めします。すぐに解決する場合もあれば、最終法的な手続きが必要になったとしても、全て対応してもらえますので、安心して任せることができます。

【推奨リンク】弁護士法人アディーレ法律事務所