未然に防ぐ回収漏れ

売掛金の未回収が起こる原因としては、会社の財務管理の仕方に問題がある場合が挙げられます。商売の基本として、売買契約を結んだからといって安心するのではなく、代金を回収するまで気を抜かない、回収するまでが仕事であるという認識が必要です。

売買契約をする前に、しっかりと取引先の信用調査を行い、取引をする限度額である「与信枠」の取り決めをするようにしましょう。特に、新規の取引先の場合は大切なポイントです。与信枠の管理も最初だけではなく、定期的に確認し、経営状況の変化によって再設定する等、状況によって対応できるようにしておきましょう。あくまで与信枠内で取引を行う為にも、会計ソフト等を利用して、取引先毎台帳を作成し、売掛金の管理が簡単にできる環境を整えましょう。支払いの期日が遅れがちな取引相手の情報を管理することによって、売掛金の未回収を防ぐことにも繋がります。

また、取引先の情報をしっかり把握しておくようにしましょう。支払い期日や金額がパッと見てわかるようにして、トラブル発生前に迅速に対応できるようにしましょう。売掛金は回収をすることよりも、管理をすることが未回収を防ぐ大切なポイントになりますので、覚えておきましょう。