弁護士への売掛金相談

会社を経営されている方、個人事業主の方等、商売をしていれば必ずつきものである「売掛金」回収についてのトラブルですが、どのように解決されていますでしょうか。これまで未回収の経験はないという経営者の方も、いつ何時売掛金トラブルに遭遇するかわかりませんので、売掛金・債権回収についての管理や回収漏れ対策、回収できない場合の解決方法の知識はきちんと持っておく必要があります。

売掛金とは、商品やサービスを提供、販売した後に、代金を請求して受け取る取引形態において、代金の支払いを受ける権利(債権)を意味しています。つまり、商品を販売後に受け取る代金のことで、これを回収できないということは、未払いの「ツケ」がある状態になります。

取引先が支払い期日を忘れていた、送金に何らかのトラブルがあった等という場合は比較的簡単に解決することができますが、支払い能力がない、支払う気がないという悪質な場合は、こちらからアクションを起こさないと一向に支払われない、あるいは最悪踏み倒される可能性も出てきますので、専門家である弁護士にお任せする方法をお勧めします。もちろん、弁護士を介さず自身で解決できることもありますが、やはり限界があります。弁護士の名前を出すことによる威力は強力ですし、法的手段に出る必要がある場合等は、やはりプロに任せることが得策です。速やかな売掛金の回収を望むのであれば、弁護士に依頼することが一番の有効策となるでしょう。